Bose Companion 2 Series III レビュー

低音マシマシBOSEスピーカー

1万円台で購入できるBOSEのお手軽スピーカー


BOSEスピーカーの中ではお安い部類に入りつつも十分な音質と機能を持つスピーカーです。
12,000円ちょいで購入できるBOSEのスピーカーということでちょっと音質をこだわりたい人におすすめです。

しっかりとした梱包


梱包は箱も内部固定用のプラも専用のものが利用されており、耐衝撃性が非常に高そうです。
付属品は

  • ACアダプタ
  • オス-オスのミニピンジャックケーブル

となっており「マルチメディアスピーカー」として運用するのであれば追加購入は必須です。
音声入力は3極ミニピンジャックが2ポートのみとなっています。

設置


スピーカー自体は結構大きく、また重量もそこそこあるため設置場所に困ります。
特にスピーカー同士のケーブルは専用品となっているため延長することもできません。
となるとマルチディスプレイ環境などで利用するとなるとかなり困難になります。
横置きするという方法もありますが、それだと音質がかなり犠牲になるパターンがあるため、ちょっとした工夫が必要です。

私はモニターの上にスピーカーを設置するという作品をとるためキングジムのこちらの製品を追加購入しました。

お値段は結構しますが、1.5Lのコーラを乗せても問題ないぐらいしっかりと固定できます。
※耐荷重は1kgです。

接続


通常のパソコンなら音声出力はミニピンジャックのため付属のケーブルで問題ありません。
しかし、USB-DACを使っていてスピーカーがRCAだったり、逸般人だから出力がバランス接続だったりそもそもミニピンジャックが精神的に嫌いだったりと。
私はUSB-DACのスピーカー出力がRCAだったためRCA→ミニピンジャックケーブルを購入。

こういった小物類はAmazon等で買うよりヨドバシなどで買った方が安いケースが多いですね。
こういったスピーカーには多少なりともよさげなケーブルを使いたいものです。
ちなみに付属しているケーブルは、銅線こそ太いですが端子自体の接触が悪くほんの少しの衝撃でガリが発生します。
個体差もあるとは思いますが、本格的に使うのであれば買い換えた方がいいかもしれません。

音質

低音マシマシ

ただ、スピーカーの目の前にいると極端に強いというわけではありません。
スピーカー後方のホールから低音が出てそれが壁ごしに部屋全体を低音で揺らしています。
文字通りドゥンドゥンなります。
スピーカーの目の前であれば比較的高音も聞こえるためバランスがいいのですがそれ以外の場所で聞こうとするとほぼ低音です。
解決策として多くの人が実践しているのが後ろをテープで塞ぐという方法です。
正直これをしたところ、強すぎた低音がおさまりちょうどよい具合になっています。
最適な方法だと、吸音用スポンジをスピーカー後方に配置するのが一番いいと思いますが、
吸音用スポンジって結構高いんですよね・・・。
私は手近にあったガムテープを貼り付けていますが、跡を残したくないならマスキングテープ等がいいかと思います。
低音が強すぎると感じた方は是非お試しください。

モノはいいが音質は好みがわかれそう


製品自体は流石BOSEというだけありしっかり作られています。
重量感もあるほかボリュームノブも動かしていて気持ちが良いです。
また、低音が出るからといって高音が弱いというわけでもなくバランスが良いです。
マルチメディアスピーカーとしての役割として2ポート入力端子があり、こちらは排他式ではなくミキシング方式となります。
機器それぞれでの音量調整は必要ですが、排他式に比べると非常に便利です。
今回は「ちょっといいスピーカーがほしい」ということで購入しましたが満足です。
BOSEのスピーカーは大きめの家電量販店であれば展示があるので興味があれば視聴するのがいいと思います。