WDの悪名高きIntelliParkが簡単に無効化できるようになっていた。

今回偶然見かけただけでかなり前からできるみたいですけどね。

IntelliParkとは

WDのいらんお節介でHDDの寿命をゴリゴリ減らして買い換えを強要させる機能
指定された時間後にヘッドの待避させて衝撃から防いだり省電力に貢献したりする機能です。
しかしながらその初期設定はなんと8秒さらにHDDのロード/アンロード回数がグンと増えるため壊れやすいとか。
WDのGreenを利用している人は実体験があると思います。
「マイコンピュータを開くのが遅い・・」「SSDのはずなのに重い」「ブルースクリーンが出る」等。
ちなみに誰彦さんもGreenを外したらブルースクリーンが消えたそうです。最悪の場合はPC巻き込むようです。

私自身はWDのHDDはBlue(WD10EZEX)とRED(WD30EDRX)しか使用していないので
無関係と思っていたのですが、実はWD REDにもこの機能が実は入っているんだとか。
ということで調べてみました。

WDIDLE3 for Windows

元々、このIntelliParkを解除できるツールはWD公式から配布されていたのですが、
なんらかの事情(多分他製品が売れなくなるから)で配布が中止されていました。
メーカー公式の立場からしても非推奨だとか。
http://liliumrubellum.blog10.fc2.com/blog-entry-307.html
こちらのサイトで配布されています。あくまで自己責任で。

実行はコマンドプロンプト

Winキー→cmdで管理者権限でコマンドプロンプト(以下cmd)を起動。なんでもいいけどね
「cd [wdidle3.exeを解凍したディレクトリ]」をするとディレクトリが移動。
あとは上記のサイトにかいてある通り。

実行してみた

tjtklf
うーん。中当たりぐらい?調べてみると、どうやらWD REDは300秒が初期設定のようです。
ただ6TBモデルなどの大容量モデルだと設定されていないという話もあるようで、
よくわからないのが実情です。
実際、頻繁に仕様変更がおこなわれているものかと。
Disk1に接続されてるWD Blueは未設定でした。ちなみに最近発売されたWD Blueの5400rpmモデルはWD Greenと同じなので、IntelliParkもそういうことです。同じ方法で無効化できるそうですが。
ntjjksk
CrystalDiskInfoでS,M.A.R.T.を調べてみましたが、回数は16進数表記なので13,098回と多いのか少ないのかよくわからないものに・・。
稼働時間が1年間をこえていると考えるとやはり多いほうなのかと思います。
i0pjo;pjk
300秒設定なので放置でいいかなと思ったのですが、他のHDDはそういった機能もないので
「別の一つだけ省電力さしてても意味ないか」ということで無効化。
PT3のFPGA更新と同様、一度完全にシャットダウンして設定完了です。
この表記が変わっても直ってないという事もあるらしい(仕様変更等で)ですが、やっておいて損はないと思うのでWDのHDDをお使いの方は是非。

自己責任ですが。