ロードバイクの納車には時間がかかる(戒め)

もうすぐ注文して二週間ですがまだ来ません。

674964←所持金12万円溶かした人の顔

というか、正確にはもう来ているらしいんですが、注文したお店が非常に丁寧なお店らしくグリスアップなどをしてから納車してくれるそうです。父親氏がメンテに出した自転車のペダルにはグリスありませんでしたが。

というわけで多数のアクセサリーだけがもう家に届いている状況なんですよね。流石Amazonさんやで。
サドルバックや予備のタイヤチューブなどは実車が来てから確認すべきなのでそれ以外のものを紹介したいと思います。


道路交通法で必須とされているライトです。昼間走るだけならリフレクター(反射板)のみで問題ないらしいですが、夜間走る場合はライトが必要です。後ろはリフレクターで(法的には)問題なし。
まぁ定番のキャットアイですね。ちなみに「CATEYE」というと一部の人は「対警察用」と思うらしいですね。どういうことだよ。
また標準で付属している電池は自転車屋曰く「クソ」らしいのでAmazonの安い充電池も購入。
中身は過去に設計されたeneloopと言われているのでeneloop用充電器で充電可能です。


次いでこの手の自転車にはあった方が楽しいと言われるサイクルコンピュータも購入。最初はバックライト付きにしようとしたのですが、評判もよくない上、表示が複雑らしいので安いこちらを。
納車される自転車のフォークが薄いのでロードバイク用のサイコンも考えたのですがそちらはさらに不具合だらけという話なので却下。


そして、最近の流行らしいマウントバー。あると便利らしいです。
自転車が黒ベースなので黒色で探したところ何故かカーボン調。好きなので別にいいのですが。
届いた商品の長さは意外と短いです。これでサイコンとライトが乗るのか不明。


ゲージはとりあえずなんでも付けられるようなタイプを選択。これさえあれば出先で変な形のペットボトル飲料買っても問題なさそうです。


パンク修理キット。こちらも定番らしい。ロードバイクではパッチでの修理はほとんどしないらしいけどまぁあって困る事はないとの事。
チューブ変えるほどでもない小さなパンクだったらパッチでもいいだろうしね。


こちらは店頭で赤色を購入。なんか評価はむっちゃ低いですがまぁグローブなんて消耗品なんでなんでもいいです。

CJsyYi0UAAA9w8PCJt3f_bVAAIf-34

きっと疲れてるんで休みましょうね。

現時点で購入したアクセサリーは以上になります。空気入れ等は単価が高いんでしばらくは父親氏のを借ります。
ヘルメットがないやん!!
と、思われるかと思いますがそのうち買います。頭でっかちなので結構高いの買わないとキノコになります。自転車屋でヘルメットかぶって鏡見て死んでたら私です。

そういえば注文した自転車ですがFELTのF95です。円高の影響もあり2015年モデルです。そのうちブログに載せます。
ちなみにアクセサリーだけで現時点1万5千円を超えています。自転車が10万円であとカバンや予備チューブなどもあるので総計12万かかってきます。
今回は空気入れなどが家にあったからよかったもののそれらもそろえるとなるとさらにかかってきます。自転車怖い。

今回写真少ないのは撮ってないからまだダンボールの中だからです。自転車に乗せたら載せたいと思います。
それでは。