パイオニア製ブルーレイドライブ BDR-209BK/WS レビュー

ちょっとした用事で先日、名古屋に行きました。
それで、帰りに時間があったので疲れからか、不幸にも黒塗りじゃないツクモ名古屋に入ってしまう。すべての責任を負ったゆーとしに対し、店の主、つくもたんに言い渡された示談の条件とは・・・。

というわけで大須にてブルーレイドライブを購入しました。
本来、買う予定じゃなかったんですが「そういえば録画した番組、増えてく一方だな・・」と思い、ブルーレイドライブの導入へと踏み切りました。
資金にも余裕があったためパイオニアのブルーレイドライブを買う事にし、ソフトはあったのでソフト無しのドライブを物色していたところ。

ツクモ店員「何かお探しですか?」
俺「あ。はい。ちょっと(PT3で)録画した動画がかなりたまってきたのでブルーレイに焼こうかなと思いまして・・・いくらぐらいにできます?(ここでパイオニアのソフト無しパルクを指さす)」
店員「そうですね・・・こちらのソフト付きのドライブだと・・」
俺「(えっ・・違っ)」
店員「こんなもんですね」
俺「( ´・ω・`)b」

という感じで相当無理言って、その辺に売ってあったBDディスク(10枚組)をセットにして1万円ジャストにしていただきました。(ありがとうございます)

Pioneer BDR-209BK WS ブラック (ソフト付き・バルク品) 《送料無料》
Windows8.1対応 縦置き対応 LTH対応 Blu-ray内蔵型ドライブ
商品スペック
接続 SerialATA 対応メディア Blu-ray Disc/DVD/CD
規格 BD-R・RE/DVDスーパーマルチ パッケージ バルク品

ネット通販より高いじゃねーかふざけんなよおいBDセットにしてもらったんだから文句言っちゃいけないよね。

DSC_2330
というわけで、こちら。パッケージ品も検討したのですが「BDXLは正直あまり普及しないと思いますね・・」という店員さんの言葉を信じて。
BDXL非対応のパッケージ品は確か無かったと思います。

DSC_2331DSC_2332
信頼のパイオニア
と言えるようなその付属内容。パルク品なのに英語の説明書、日本語説明書が付属しているという徹底ぶり。
ただ、パッケージ品にはあるケーブルやねじ類がないみたいですね。
ベゼルは艶出しではなくざらざらした感じの一般的なドライブ。ぱっと見ではパイオニア製とはわかりませんね。
けど、今設置してあるDVDドライブがざらざらした感じなんで統一感持たせたいんでちょうどよかったです。

DSC_2335DSC_2336
以前の状況。ソニーオプティカル(?)のドライブとLGのドライブです。SATAポートの関係上、デザインがクソなLGのドライブをリストラします。いままでありがとうございました。

DSC_2337DSC_2338

 
というわけで入れ替え。SATAケーブル差し替えて、ネジとめなおして。で完了なので非常に簡単です。
印字された白文字がなくなり、彫り込み文字onlyになったので個人的に良さを感じます。
DVDドライブと比べてBDドライブは基板が大きいのかちょっと奥行きが長い印象。

そのままPCを起動。無事、BIOSでも認識されドライブレターも思ってた通りに認識。

早速購入してきたBDにImgBurnを利用して焼き込み。

ここで購入したブルーレイディスクがLTHだった事に気がつき真顔。
HTLでした。というかPanasonic製は全部HTLですね。

問題なくベリファイも終了しました。流石パイオニアといった感じです。

パイオニアという信頼の置けるメーカー製なので、長い間使っていきたいと思います。

書き込み速度に関しては、結構早いです。
あと、とても静かです。前のドライブがうるさかっただけかもしれませんが、かなり静かです。